宮城県亘理の超精密・高品質のプラスチック部品の製造(車載部品、スマートフォン用カメラアクチュエーター、プラスチックレンズ、鏡筒、コネクター、プリズム)

0223-34-4401(本社)

受付時間9:00~17:00

初めての方へ

物づくりを通じて社会に貢献します

当社は1977年の創業以来、『挑戦と革新』を社是とし、超精密・高品質のプラスチック部品を作りつづけてまいりました。

『物作りを通じて、想像力豊かな人間への成長により、社会へ貢献します』の経営理念を軸に据え、1995年に海外(フィリピン共和国)へ進出。1999年からはプラスチック・レンズを中心とした光学部品を製造ラインナップに加え、2001年に車載部品の製造を開始。人材育成を通じ、海外でも、日本と同等の高い水準の物作りを実現しています。現在、フィリピンでは2拠点を擁するまでに成長することができました。

創業から一貫して、精緻なモノを、しっかりと管理して作り込む体制を強みとしてまいりました。一方で、一般生活者の趣味嗜好は徐々に多様化し、それにあわせて製品のライフサイクルも次第に早まっています。顧客への、きめ細やかで迅速な対応に一層の磨きをかけ、『価値ある製品づくり』、『選ばれる会社づくり』を、社員全員で目指しています。

より高いレベルの製造にチャレンジしつづける精神。QCDと顧客サービスのレベルアップを通じた、取引先満足のあくなき追求。そして、物作りを通じた社会への貢献を、今後もグループ一丸となって志向しつづけてまいります。

大東精密株式会社の強み

当社のドメインは、樹脂製の超精密な電子部品の製造。そのなかでも、とりわけ厳しい精度と管理体制を求められる、最新モデルのスマートフォンの機構部品や、体内に取り込まれる医療機器の部材など、他社が手をだせない最先端のフィールドに、果敢に取り組んでまいりました。現在も、他の会社で見積もりや断られたクセのある製品の生産委託など、積極的に請け負っています。製造にお困りの同業他社や、材料メーカーからお問い合わせをいただくことも多々あり、製造ノウハウについてのコンサルティングもおこなってまいりました。

「プラスチックで、こんなモノをカタチにできないか?」
「構造がむずかしすぎて、どこに頼んだらいいかわからない」と、お悩みのかた、ぜひお気軽にご相談ください!

製品のお見積り依頼については、原則3営業日以内に回答をさせていただきます。また、樹脂製品を製造するうえで必要不可欠な金型についても、設計〜完成まで、納期45日をスタンダードにしています。製品の用途に応じ、各領域で強みを持つ、その分野のスペシャリストの金型製作会社と手を組み、最短、かつ価格と品質安定性の面から、常にベストなご提案をいたします!!

40年以上にわたるプラスチック製品の量産実績を通じ、使用材料の低減とサイクルタイムの短縮を同時に成す、様々なノウハウを蓄積しています。独自の金型構造の開発や、設備の自動化の推進に積極的に取り組み、高い品質を維持したままでの大幅なサイクルアップを実現しています。モノによっては、他社のおおよそ半分のサイクルタイムで生産をおこなっていることも。

本来であれば2つの金型が必要なところ、1つの金型でおなじ数量を生産できれば、イニシャルコストはもちろん、お客さまの全体のコスト削減にも大きく貢献できます。

〝顧客満足の最大化〟を最優先に。そして、お客さまのよろこびを、自分たちのよろこびに。

常に真摯に、スタッフ一丸となって、取り組んでまいります!!

事業領域・製品紹介

通信機器部品(スマートフォン)
車載部品
光学部品
真空成形部品

「細かいことにこそ徹底的にこだわる」熟練の職人集団

海と緑に囲まれた、自然豊かな環境のなか、日々、技術の向上に勤しんでいます。

ここで働くスタッフたちは、そのほとんどが地元出身者。
子どもの頃から地元のよさをつぶさに感じ、気づけば自分たちの親の世代とおなじように、この地に根を張り、ともに生き、仕事に励む。そんな仲間たちです。

往々にして、高度な技術の習得には時間を要しますが、長い時間をかけられる環境条件が揃っていることも、会社としての大きな特徴です。

豊かな自然に抱かれ、四季を肌で感じてきたからこその、微細な差異に気づける鋭敏な感性。それを目一杯に活かし、日々、細かいことに、徹底的にこだわり続けます。

圧倒的に高い品質のために。ひいては、信頼してくださるお客さまのために。

きょう、この瞬間も、技術革新の胎動が、宮城の小さな工場の片隅で、絶え間なく、続いています。